宇佐美 淑子

Profile photo

【プロフィール】

洗足学園大学音楽学部器楽科(現洗足学園音楽大学)卒業。

フルートを内田秀夫、宮下英士の両氏に、ボディ・マッピングを長井芽乃氏に師事。

2016年アンドーヴァー・エデュケーターズ®日本公式認定指導者として認定される。

卒業後より現在まで20年以上に渡り、ハタ楽器株式会社にてフルート講師を務める。

『音楽家ならだれでもしっておきたい ” からだ ” のこと』6時間コースの開催をはじめ、合宿などで講座を開催している。

その他にも、音楽家に大切な『体幹』を学ぶため、日本コアコンディショニング協会にて、ひめトレインストラクター、シニアコスペシャリスト、アドヴァンストトレーナーなどの資格を取得し、勉強を続けている。

聖光学院管弦楽団団員。



フルート始めたきっかけ

フルートとの出会いは9歳の頃。授業参観の音楽の授業で、まったくリコーダーが吹けない私を見て、ピアノ講師だった母は怒り心頭。その夜から特訓が始まる。

いくら教えても真面目やらなかったピアノに比べ、リコーダーなら真面目に練習することに気がついた母は、色々な吹奏楽器の演奏会に連れて行き、反応を探る。

その中で最初の先生となる関口美代子氏の演奏だけは寝ないで聴き通したため、フルートならいける!と確信した母は、自身がレッスンを始め外堀を埋めていく。

そして、まんまとその作戦にはまり、フルートを始めることとなる。


高校の頃は家政科に進もうと考えていたが、化学の授業について行かれず挫折。

しかしその頃に運よく表現することの楽しさに目覚めたため、いきなり進路変更し、音楽大学を目指し内田秀夫氏に師事する。

しかし卒業後、演奏や指導を続けていたが、頭痛や腰痛に悩まされるようになり自身の限界を感じていたところ、長井芽乃氏と出会い、ボディ・マッピングに救われる。

のんびりとボディ・マッピングの勉強を続けていたが、一念発起し2016年に一般社団法人アンドーヴァー・エデュケーターズ日本に公式認定指導者の資格を取得し、現在に至る。